WORKS 施工実績

犬も子どもも安心して遊びまわれる愛犬家住宅

 

・Total Design

現在の日本では、2人暮らし以上の世帯3軒に1軒は犬と暮らし、

そのうちの8割は家の中で、ひとと犬が一緒に住んでいるとされています。

お施主様ご家族はもちろん、家族の一員である愛犬と共に心地よく暮らせることを重視して設計しました。

 

・One! Point

まず大切なのは屋外からの動線。玄関からのルートだけでなく、庭を抜けてリビングから出入りする、お散歩用ルートがあります。

この庭には古タイヤをつかったトンネルなどを配置したドッグランを設計。運動不足やストレス解消に、思いきり遊べる場所です。

タイル張りのテラスにはお湯も出る足洗い場を備え付け、そこからリビングに続く入り口は、

水遊びをして上がってきても大丈夫なように一部をタイル張りに。

 

通常の床材は犬にとっては滑りやすく、関節の脱臼など怪我のおそれがあります。

そのため床にはガラスコーティングを施し、滑りにくく、また粗相をしてしまってもお掃除をしやすくなっています。

家族がくつろぐリビングの一角には、柵のついた愛犬のための居場所。

防臭対策のため、天井にはイオン発生器もついており、臭いの問題も解消。

ケージなどを別で置く必要はありません。また、その上部はリードやドッグフードをしまえる収納になっています。

誤飲防止のため、キッチンとリビングの間に隠し扉をつけたこと、部屋の一角にある和室に愛犬は上がらないよう、

約30センチの小上がりにしてしつけをしやすくしたことなど、随所で愛犬の「育て方」と愛犬との「住まい方」に配慮しました。

 

・1F&2F

1階リビングには、子どもたちも運動不足を解消できるよう、うんてい・ボルダリングがあります。

愛犬も一緒に快適に暮らせることに重きを置いた1階に対し、2階には寝室・子ども部屋のほか、

洗面所・お風呂場・洗濯物を干すバルコニーと水回りの動線がまとめられています。

人間だけの活動、愛犬と共に過ごす団欒、しっかりわけることでお互い快適に過ごすことができます。


1階面積57.13㎡(17.28坪)
2階面積55.48㎡(16.78坪)
建築面積62.52㎡(18.91坪)
延床面積112.61㎡(34.06坪)
工  期5ヶ月